ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

整体師の本音

長くかかって悪くなった結果出る痛みというのは、改善していくのにもどうしても、時間が長くかかることが多いです。

しかし、何年間もほっといた痛みをたった1時間ほどの施術で完治させるということを望む患者さんもいます。僕も腰痛で苦しんだことがあるので、そういう気持ちは判るのですが、整体は魔法ではないので、無理なこともあります。

そういう方は、整体終了後に「痛みはまだ残っていると思いますが、感じはどうですか?」とたずねると、「まだ痛いです!!」とだけ答えます。
「このストレッチをすると痛みが楽になり早く治るようになりますから頑張ってやってください」といってお教えしたセルフケアも、そういう人に限ってをやってくれないんです。

痛みを取るという行動をするのは、その患者さんです。
痛みを改善するために病院にいくのも、整体にいくのも患者さん自身です。痛いと思っていれば病院が明日診察に来てくださいと言ってくれるわけでもないです。要は、自分で行動しないといけないのです。その中で自分で治すのか、整体や病院のように他人に治してもらうか。だと思います。整体師はそのお手伝いをするだけです。

だから僕の整体院では、整体を受けることで人に治してもらうことと、セルフケアをすることで自分で治すを併用して、できるだけ早く治るようにセルフケア指導をしています。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2007-06-30 11:16 | 整体
<< 赤ちゃんの呼吸 すごい肩甲骨の動き >>