ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

ぎっくり腰対策

ぎっくり腰になるときは、だいたい前触れがあるといいます。
数日前から腰が痛かったり、重かったり・・・などなど。

ぎっくり腰を何度も経験しているベテラン?? の人だと、そろそろやばいな!というのがわかるそうです。そういう人は”やばいサイン”が出るとすぐに対策をおこないます。

ぎっくり腰になるのは、朝が一番多いです。
朝は身体が硬くなるので、急な動きによって筋肉や関節に負担が大きくなります。
顔を洗おうとして前かがみになったら、ギクッとなったなどとよく聞きます。

だったら、いつ”やばいサイン”が出たときの対策をおこなうとうよいのかというと、夜寝る前にはしっかりケアしてから次の日の朝に備えることが良いと思います。

僕の整体院では、整体で身体を整えたあと、ぎっくり腰を繰り返さないように自分でできるセルフケアを指導します。
多くの患者さんは、他ではないこのセルフケア指導が大変役に立つと言ってくれています。

人気ブログランキング参加中
今日の日記を読んでよかった!と思う方クリックお願いします。


ブログを読んで「実際にただす整体院の整体を受けてみたい!」と思った方はこちらのページをご確認の上、ご予約ください→ただす整体院HP
[PR]
by tadasuseitaijp | 2007-07-05 10:24 | 整体
<< ウォーキングでスポーツが上達するわけ 赤ちゃんの呼吸 >>