ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

歩くと走るの違い

ウォーキングとランニングの違いは何でしょうか?ほとんどの人はランニングはウォーキングに比べてスピードが早く・・・と言います。しかし本当は足が地面に付いているか付いていないかという違いです。

ウォーキングは、常に左右どちらかの足が地面に付いています。後ろ足で蹴ったときには、前足は地面に付いている。その動作を繰り返します。一方ランニングは両方の足が地面から離れ、体が空中に浮いている上体になります。言い換えると飛び跳ねることの繰り返しになります。後ろ足で踏み切ったとき、前足も地面から離れています。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-05-07 14:31 | ウォーキング
<< ウォーキングとは ウォーキングに必要なもの >>