ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

ショックを受けた整形外科医の言葉1

何年か前に大学病院の整形外科医と話をする機会がありました。その先生の年齢は30歳くらい。

牛田「関節の痛み止めの注射には種類によっては、腱が弱くなってしまうから打てる回数が決まっているものもあると本で読んだのですが・・・・」

先生「あまり気にせずに、注射していますよ。注射が原因で腱が切れたという症例は聞いたことがありませんから・・・・」

先生本人や家族が身体を痛めたときにも、何度も注射をするのだろうか?
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-10-28 16:13 | 日々のこと
<< ショックを受けた整形外科医の言葉2 僕の整体院のコンセプト1 >>