ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

ダイエットには歩幅

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
ダイエットに運動はかかせません。
僕はノルディックウォーキングにはまっています。

ダイエットのために始めたわけではないのですが、結果的にダイエットにも役立っています。
このノルディックウォーキングですが、ストックを両手に持って歩くことだけが普通のウォーキングと違うだけです。だけど、それだけなのにウ様々な効果が期待できます。

その一つが歩幅が広がるということ。

上半身でも推進力を出すために、ストックを杖のように突くのではなく地面を後方に押し出すようにして歩きます。するとストックを使わないときと比べると一歩で稼げる距離が大きくなります。足の裏で蹴る力プラス、上半身の力がプラスさせることになります。

ウォーキングでカロリーを消費するには、スピードを上げることが必要になります。
スピードを上げるには、
①歩くピッチを上げ歩数を増やす。
②同じピッチで歩幅を広げる。

という方法があります。でも消費カロリーのことを考えると、ピッチよりも歩幅を広げるほうがお勧めです。運動強度も上がりますし、インナーマッスルが鍛えられ基礎代謝がアップします。もちろん、ピッチも上げ歩幅も広げるのがベストです。

ダイエットのためにウォーキングを始めた人は、歩くことに身体が慣れてくるとスピードを上げることに挑戦するようになります。そしてほとんどの人は①の歩くピッチを上げて速度を上げようとします。

でも、ピッチより歩幅です。ダイエットの効果を上げるのならまずは歩幅を上げる、次にピッチを上げるです。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-06-07 09:26 | ウォーキング
<< MBT試着の感想 気になるトレーニンググッズ >>