ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

座ったときの姿勢

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

色々な人に話しをうかがうと、「自分は姿勢が悪い」と感じている人が結構居ます。
良い姿勢で立つことは、意外と難しいものです。

ウォーキングを指導するときも、足の運び方や手の振り方などよりも姿勢について、多くの時間をさきます。正しく立てないと正しく歩くことはできないからです。正しい姿勢があるから効率の良い足の運びをおこなうことができるのです。

僕の専門であるボート競技は、座っておこなうという珍しいスポーツです。僕が思いつく限りだとF1などの車を運転するモータースポーツやボブスレーくらいではないでしょうか

この座るという動作ですが、一見正しく立つこととは無関係のようですが、正しく立てないと正しく立つことはできません。

スポーツに限らず正しく座っている人は美しく見えます。そういう人は立ち姿も正しく美しいものです。

イスに座っているとスベリ座りになってしまう。パソコンをしていると首が前に突き出す。車のシートが大きく倒れている。あぐらをかくと背中が丸くなる。などの人は立ったときの姿勢も狂ってしまっているを考えられます。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-06-18 15:43 | 健康情報
<< アンチドーピング講習会 芝生の公園でウォーキング >>