ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

カテゴリ:トレーニング( 92 )

MBTはトレーニンググッズ

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

MBTのカタログにはこう書いてあります。

◆MBTは初めて使用される方には、単なる履物としてではなくトレーニング器具として機能いたします。

僕は10分ほどしか履いていませんが、たしかにその通りだと感じます。大げさに言えばバランスボールやバランスディスクの上に立っているような感覚があるからです。

さらにカタログでは

◆着用開始初期にはそのトレーニング効果により、普段あまり使っていない筋肉が疲労します。しかしながら多くの方は、身体の深部で姿勢維持に重要な役割をしている小さな筋肉の疲労を直接感じるKとおができません。そして過度のMBTの着用により、翌日や数日後に強い疲労感や身体の痛みを覚える場合があります

とあります。使っていない筋肉を使うから筋肉痛になるんですね。だから、初めの1週間は1回の着用を15分くらい、トータルで1時間程度にするように勧めています。履いているだけでインナーマッスルが鍛えられることになります。



 
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-06-11 11:47 | トレーニング

脱力が必要な理由

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

なぜスポーツに脱力が必要なのか

動作をおこなうとき、筋肉が縮むことで骨を動かすことで動きが出てきます。このとき目的の動きをするために縮む筋肉を主動筋、反対の動きをする筋肉を拮抗筋と言います。

例えば、腕立て伏せで体を持ち上げるときに働く腕の筋肉が二の腕にある上腕三頭筋、この筋肉は肘を伸ばす役目をします。それに対し反対の動きである肘を曲げる役目をする筋肉が力こぶの筋肉、上腕二頭筋です。この場合上腕三頭筋が主動筋、上腕二頭筋が拮抗筋となります。

懸垂をするときは、腕立て伏せのときとは逆に、上腕二頭筋が主動筋、上腕三頭筋が拮抗筋になります。

筋肉は緊張することで縮みます。主動筋が緊張するときは、拮抗筋は弛緩しないと動くことができません。上腕二頭筋は肘を曲げる筋、もう一方の上腕三頭筋は肘を伸ばす筋です。両方の筋肉が同じ力で緊張すれば、伸びることも曲がることもできず。関節は固まったままになってしまいます。

スポーツをするときも、主動筋、拮抗筋ともに緊張していると、ブレーキを掛けながら自転車を漕いでいるように、スムーズな動きができません。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-07-29 15:10 | トレーニング

脱力は難しい3

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
スポーツでは、使わない部分の筋肉を脱力しリラックスさせることが重要です。そのため脱力するための練習をおこないます。

野球であれば、素振りのときバットを放り投げるというドリルをおこないます。無駄な力が入っているとバットを遠くに投げることができません。

わたしの専門であるボートでは、オールを入水するとき肩腕をリラックスさせ、オールの重さでエントリーできるように、ノイジーキャッチということをおこないます。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-07-28 11:12 | トレーニング

脱力は難しい2

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
スポーツで最も基本となるのは、脱力すること。必要な筋肉にはガチッと力を入れるのですが、それ以外の部分は、完全に脱力してリラックスすることです。

不要な部分に力が入っていると、それだけで全体の動きが硬くなってしまいます。たとえばジョギングのときの腕振り、卵を包むように軽く手を握ってリズミカルに腕を振りますが、こぶしを握り締めると、肩にまで緊張が伝わりスムーズな振りができなくなります。そのため走り全体でもスムーズさを欠いてしまいます。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-07-27 09:37 | トレーニング

慢性疲労

スポーツをしている人、特にボート選手をコンディショニングすると、毎回「練習しすぎじゃないかな」と感じます。それは体調は悪くないという人ですら、カチカチに凝り固まった筋肉をしています。肩甲骨は肋骨に癒着して動かず、股関節の稼動域も小さくなってしまっている。

言い方を変えるとトレーニングと休養のバランスが崩れてしまっていて、体力が回復していないまま、慢性的な疲労状態になっている。という感じでしょうか。選手たちは疲労しているのがスタンダードになってしまっているので、疲れていることに気がつけていないようです。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-04-24 14:43 | トレーニング

筋力のはなし

一般的に男性より女性のほうが筋力が弱いです。これはホルモンなどの関係で筋肉の量が男性の方が多いためです。

筋繊維一本一本をみると、男性のものも女性のものも出せる筋力は同じだそうです。そのために筋肉の多い男性の方が力が強いのです。ですから腕や脚の太さが太い人ほど筋力があるのです。

ただし、太さだけを見てしまうと太っている人はプヨプヨで太いし、霜降り肉のように筋肉の中に脂肪が入り込んで太いというようになってしまうので、純粋に筋肉の量で判断しないといけません。

逆に相撲取りは筋肉の上を脂肪が覆っているのでただ単に太っているだけのように見えますが、実は表面の脂肪を取り去ると筋肉の鎧を着ているようだそうです。

人気ブログランキング参加中
今日の日記を読んでよかった!と思う方クリックお願いします。


ブログを読んで「実際にただす整体院の整体を受けてみたい!」と思った方はこちらのページをご確認の上、ご予約ください→ただす整体院HP
[PR]
by tadasuseitaijp | 2007-06-11 17:23 | トレーニング

心肺機能とは?

運動することで心肺機能が向上するなどと言いますが、具体的には心肺機能とは何なのでしょうか?

読んで字のごとく、心臓と肺の機能が向上することですが、いくつかの機能を併せて心肺機能と言います。

①肺での酸素の取り込み
②血液を送り出す心臓のポンプ作用
③血管の中の血液の流れ
④筋肉での酸素と二酸化炭素とのガス交換

これらの機能がバランスよく向上することで、同じ運動をしても心拍数が上がらなくなり身体の負担が少なくてすむようになります。

人気ブログランキング参加中
今日の日記を読んでよかった!と思う方クリックお願いします。


ブログを読んで「実際にただす整体院の整体を受けてみたい!」と思った方はこちらのページをご確認の上、ご予約ください→ただす整体院HP
[PR]
by tadasuseitaijp | 2007-05-21 15:14 | トレーニング

トレーニングの感想4

野球選手からトレーニング指導についていただいた感想です。

トレーニング内容
 多関節を使うことの重要性
   背骨の具体的な意識の仕方とトレーニング方法(腹筋側)

前回とは違い身体を前屈させるときの背骨の動かし方を、腹筋運動をおこないながら確認しました。腹筋の使い方と背骨の動きを同調させることができることが、パフォーマンスのアップには必要です。

○○○です。

腹筋の練習では、スローイングの際にお腹の斜めの筋肉使っていることが確認できました。
トレーニングを通じて腹筋のの重要性を実感しています。力を入れるのも抜くのも体幹の使い方が大切だと気づいてきたので、トレーニングを続けながら身につけていきたいと思います。

人気ブログランキング参加中
今日の日記を読んでよかった!と思う方クリックお願いします。


ブログを読んで「実際にただす整体院の整体を受けてみたい!」と思った方はこちらのページをご確認の上、ご予約ください→ただす整体院HP
[PR]
by tadasuseitaijp | 2007-04-15 18:38 | トレーニング

トレーニングの感想3

多関節を使うことの重要性
   背骨の具体的な意識の仕方と動かし方。トレーニングの方法

身体を動かすときは、その動作に多くの関節を動員させたほうが、よりスムーズな動きができます。たとえば、○を描くとき関節の数が3つだと三角形になり4つだと四角形、6つだと六角形というように、関節となる数がおおくなればなるほど○に近くなります。

人の動きも同じでスムーズに動くためには、できるだけたくさんの関節を動員させたほうがよいのです。特に背骨は頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個の24個からできているので関節も多くなります。

そのため背骨の関節をたくさん動員して身体を動かすことで、スムーズな動きになります。
今回のトレーニングでは、背骨を前後にスムーズに動かす意識の仕方とそのエクササイズの方法、背筋、臀部、太ももの裏の筋力アップのための動作をおこないました。


野球をやっている○○○さんのトレーニングをおこなった感想です。

背中の関節を動かす練習では、体を動かすときは多くの関節を動かせると体はスムーズに動くということが分かりました。今まで関節をあまり動かせてなかったと思います。

人気ブログランキング参加中
今日の日記を読んでよかった!と思う方クリックお願いします。


ブログを読んで「実際にただす整体院の整体を受けてみたい!」と思った方はこちらのページをご確認の上、ご予約ください→ただす整体院HP
[PR]
by tadasuseitaijp | 2007-04-14 10:28 | トレーニング

トレーニングの感想2

昨日に引き続き、私の整体院でおこなっているトレーニングを受けている野球選手の感想を紹介します。

トレーニング内容 : 丹田に重心を置く方法とその効果
  
○○○です。

重心を置く練習では、ここが「丹田」という場所なんだなあと実感しました。ここに重心を置くと上体の力がふっと抜けました。また、よく「下半身をどっしりさせなくてはならない」と言われますが、両足の裏に体重が乗っている感覚が掴めました。

昨日の体幹トレーニングの重要性や重心の解説はまた後日おこなおうと思っています。

人気ブログランキング参加中
今日の日記を読んでよかった!と思う方クリックお願いします。


ブログを読んで「実際にただす整体院の整体を受けてみたい!」と思った方はこちらのページをご確認の上、ご予約ください→ただす整体院HP
[PR]
by tadasuseitaijp | 2007-04-13 09:35 | トレーニング