ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

カテゴリ:ボート( 80 )

河口湖レガッタ2009

今日、明日と河口湖レガッタがおこなわれています。
場所は河口湖の漕艇場
僕は裏方として、今日は審判艇の運転手、明日は救助艇の運転です。

河口湖は昼近くなると風が吹き、白波も出るコンディションになることが多く、そのためレースは午前中で終了です。その分、レース開始が早い。朝七時です。そうすると、裏方の集合時間も自然と早くなります。朝5時45分です。

早く終われば、午後から乗艇できる。午後から仕事もできる。遠方からの出場でも昼飯を食べる頃には帰れる。観光もできる。

早く始まるレースは三文の徳です。(笑)
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-09-05 13:55 | ボート

ボート競技、インカレ

一昨日からボート競技の全日本大学選手権大会(インカレ)が、埼玉県戸田市のオリンピックコースにて行われています。

1日目の20日は予選で、僕がトレーナーをしている日大は危なげなく準決勝に進み、昨日は敗復日なのでレースはなし、今日も順当に勝ち進んでいるようです。

詳しくはこちら、日本ボート協会 全日本大学選手権大会情報
20日はインカレ決勝前で最後のコンディショニングをおこなってきました。

各クルーのレース終了後に、体調が思わしくない選手を整体しました。
どの選手もこの大会を目標に1年間トレーニングを積んできました。

そのため、だれもが最高の体調でレースに臨みたい。そんな思いからが、いつも以上に整体を受けたいというの希望者が多く、通常は1人60分の時間を設けているのですが、今回は40分に短縮し、できるだけ多くの選手の体調を整えられるように努力しました。

日大ボート部OBとして、トレーナーとして今年は全種目優勝の完全勝利してもらいたいと願います。

[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-08-22 14:18 | ボート

インカレまで・・・

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
昨日は埼玉県戸田市の日大ボート部合宿所で、選手たちのコンディショニングをおこなってきました。

僕の住んでいる富士五湖地方と比べると戸田は暑い!!
昨日は気温はそうでもなかったんですが、湿度が高い。そこに住んでいる選手たちは普通なのかもしれないのですが、普段から避暑地に住んでいるものとしては、異常に蒸し暑く感じました。まるで銭湯の脱衣場のようです。

インカレまではあと1ヶ月半ほどとなりました。大学でボートをやめてしまう4年生の選手は、インカレ、そのあとの全日本選手権でボート競技と離れてしまうことになります。

とにかく悔いの無い戦いができるように頑張ってほしいと思います。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-07-10 09:58 | ボート

明日は山梨県総体

インターハイ出場を目指して頑張っている富士北稜高校ボート部、明日5/13は山梨県総体です。この試合はインターハイ予選の前哨戦となりライバル富士河口湖高校に勝利して一気にはずみをつけておきたいところです。

富士河口湖高校は先週末におこなわれた長野県諏訪湖レガッタに出場しています。タイムは男子ダブルスカルが3分32秒。北稜高校が3分30秒ではしることをターゲットとしているため、よい勝負ができるのではないでしょうか。

選手たちの疲労に対する意識は、相当に変化しています。ゴールデンウィークでの合宿の疲労がどこまで抜けるかが勝負のポイントになるのではないでしょうか。

僕は明日は戸田で日大のコンディショニングです。試合を見れないのが残念です。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-05-12 10:01 | ボート

絶対インターハイに行こう!

北稜高校ボート部の目の前の目標は、インターハイに出場すること。
そのためには、6月20日におこなわれるインターハイ予選で勝利する必要があります。

ボートにたずさわったことがある方ならば、山梨のボート部というと富士河口湖高校というイメージがあると思います。北稜高校は県内予選で敗れてしまっていて全国大会への出場はまだありません。

あと2ヶ月で何ができるのか?
筋力トレーニングをしても効果が出るまでには3ヶ月は必要だし・・・

疲れが溜まればパフォーマンスは落ちる。だったら疲れがない状態を作ればいい。
そうしてたどり着いた答えが「疲労を抜くこと」です。

まずは、選手たちの疲労に対する思い込みを覆すことから始めよう・・・

目指せインターハイ、北稜高校ボート部の2ヶ月の軌跡
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-04-24 14:47 | ボート

富士北陵高校ボート部

4月13日から日大ボート部に続き、富士北陵高校ボート部のトレーナー活動をすることになりました。

顧問の大石先生によると練習後体のケアがされていない。また、自分の体に無頓着の選手が多いとのこと。

目下の目標はインターハイの出場権を獲得すること。
山梨県のインターハイ予選は6月20日です。残り役2ヶ月ですが全力を尽くします。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-04-10 17:05 | ボート

頑張れU選手

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

大林コーチよりメールで日大ボート部のU選手の漕ぎの様子を報告いただきました。
今朝の乗艇の様子は、しなやかな動きでgoodでしたとのことでした。

U選手は腰痛で思うようにメニューをこなせない状況ですが、僕が戸田に行くたびに2週間ごとに3回目の整体をおこなったところ、何とかここまで改善できてきたようです。

長年の腰痛がここにきて急に回復してきたのは、U選手本人のセルフケアが効果的におこなわれていること。
それと、乗艇練習で技術的な課題をきっちりマスターしようとしている努力が実ったのだと思います。

U選手を見ていると、大学時代に腰を痛めていた自分と重なる部分があり、なんとかしてあげたいという気持ちになります。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-03-19 16:06 | ボート

日大ボート部 5人に1人は不調者

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
現在、僕は月に2回埼玉県戸田市にある日大ボート部にトレーナーとして行っています。
コンディショニングできる人数は1回につき4人ほどですが、それ以外にもセルフケア方法などを指導しています。

正式に日大のトレーナーとなって7ヶ月ほどたちますが、毎回4人の枠は埋まってしまっています。(受けたい選手はもっと多いのでしょうが、枠の関係でガマンしてくれているようです)それだけ故障や疲労などで体の不調を感じている選手がいるのだと実感しています。

部員は4年生が引退し20人ほどなので、常に5人に1人(25%)の選手は不調を持っていることになります。潜在的には3人から4人に1人はなんらかの不調を持っているのではないかと予想します。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-03-17 16:20 | ボート

勉強会

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

現在僕は月に2回日本大学ボート部のトレーナー活動をしています。
学生時代の僕がそうであったように、選手たちは自分の体に対してとても無頓着でした。

そのため、活動の中で、整体の技術を使って体調を整えるのはもちろんですが、選手たちの体への意識を高めてほしいということがあり、毎回1時間程度の勉強会をおこなっています。

頭でっかちな知識を入れることよりも、実践できるエクササイズを盛り込んで1時間のうちで、体に変化がおこることを実感してもらうようにしています。逆にそういう風なやり方をしていかないと、選手たちの集中力が持たない(おもしろくないことには興味を示さない)ようです。

勉強会を重ねていくと、選手たちの意識がじょじょにですが変わっていっていることを感じています。

次回はコアトレーニングを教えたいと思い、資料の準備をしています。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2009-02-26 11:43 | ボート

脱力が必要な理由2

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
脱力できていない、つまり無駄な力が入っていると、細かい動作がうまくできなくなります。ボート競技のオールを水に入れるエントリー動作などは、肩や腕に無駄な力が入っているとオールをスムーズに入水することがでいなくなります。

ためしに、針の穴に糸を通す動作をしてみましょう。一度目は肩や腕を脱力して普通に、そして二度目は肩と腕に力をこめ緊張させて。針と糸を持たずに、糸を入れる形だけマネしてみても、やりやすさには雲泥の差が出ると思います。

部妙な動きを必要とするスポーツでは、脱力することがパフォーマンスを高める上で、重要になります。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-08-02 15:43 | ボート