ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

男性にも冷え性は多い

冷え性は女性だけの悩みだと思っている人が多いようです。
しかし、実際は男性にも冷え性の人は多いです。

ただす整体院に来る患者さんの中には、自分が冷え性だなんて全く思っていない人もいます。要は冷え性だということに気が付いていないのです。

極度に冷えている人は、触れてみると筋肉の感じで判ります。
口では説明しづらいのですが、筋肉が変に硬くなっています。そんな人は足の甲を軽く押すだけで痛がります。

冷えているということは、血行が悪い状態です。熱も栄養も酸素も行き渡りませんし、疲労物質も溜まったまんまになってしまいます。エネルギーが無くて疲労物質が球っているのでは疲れがとれないはずです。

ただす整体院HPはこちら
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-01-16 14:53 | 健康情報

それって、ほてっているかもよ

体は寒くは無いのに足元だけは氷のようであったり、足が冷たくて夜も寝付けないなど、冷え性の人には辛い季節です。

手足が冷たくないから大丈夫と思っている人も要注意です。
手足が暖かいのではなく、ほてっているのかもしれません。

こんな経験はありませんか?
雪遊びをしていて手が痛いくらいに冷たくなって、それでも雪で遊んでいたら、手が真赤になり熱くなってきてポッポとしたこと。

他には、体が冷え切った状態のときに、急に温かい室内に入ったら顔ばかりがポッポと熱くなった。

これは冷えすぎて、ほてっている状態です。
冷えすぎてしまうとその裏返しに、体にはほてりという症状ででてきます。

ただす整体院HPはこちら
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-01-11 11:43 | 健康情報

免疫力アップには・・・

正月早々から僕を苦しめたカゼも6日目にして完全に抜けました。
今朝起きるとカゼをひく前よりも体調が良いと感じました。
みなさんもこんな経験ないですか?

カゼで熱出したあとは、以前よりも体調が良いということ。
カゼが直るときに、今まで溜まっていたストレスや疲れも一気に吹き飛んでしまうのですね。

人は体温を上げることで免疫力を上げます。
カゼをひいたときに熱が出るのも、カゼウイルスをやっつけるための防衛反応です。
また体温が上がることで血行もよくなり体中に溜まっていた疲労物質も洗い流されるのでしょう。

逆にいうと、「体温の低い人は免疫力が低く、血液の循環も悪いので疲れが抜けづらい」ということになります。先日読んだ本には体温が35度台の人はガンになりやすいとか、冷え性で足が冷たい人は水虫になりやすい、なんてことも書いてありました。

冷え性の人、低体温の人は気を付けましょう。

宣伝になりますが、ただす整体院では体を芯から温めるゲルマニウム温浴を受けることができます。ガンや水虫になる前にどうぞ。

ただす整体院HPはこちら
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-01-09 14:53 | 健康情報

寝込み正月でした。

今年は年明け早々から寝込みました。
昨年一年間の疲れが出たのでしょうか、1/4~1/7までカゼで病みました。
発熱と一日中続く頭痛、全身バキバキに筋肉が緊張して体中が痛みました。

中でも辛かったのが肩こり。
肩甲骨の間が辛くて、辛くて・・・。
吐き気はするし、頭痛もそこから来ていたのだと思います。
苦しかったですが、肩こりの患者さんの気持ちを知ることができた貴重な体験でした。

さて、皆さんが困っている肩こり、辛さにはいろいろありますが、
肩甲骨の間のコリがひどくなってくると、人は上向きで眠ることができません。

コリの部分に何かが触れているだけで、モヤモヤしてコリ感を感じてしまいます。
仕様がなく横向きで眠るしかないのです。
でも、横向き寝は呼吸も浅くなりますし、熟睡することができません。

「え!? わたしはいつも横向きに寝ているけど熟睡している・・・」という人も多いと思います。
でも、普段上向きで眠っていないから上向き寝の快適さが判らないのです。

横向き寝のほうが落ち着くと言う人は、背中が布団に正常に接することができないなど、もしかしたら体が上向き寝を拒否する状態になっているかもしてませんね。

上向きで眠れない人
*肩甲骨の間のコリが激しい人
*猫背で肩が前にきてしまっている人
*背中のコリが激しい人
*腰痛持ちの人
            ・・・・などなど。

今年こそは、肩こりを改善して、上向きで眠れるようになりましょう

た だす整体院HP
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-01-08 12:52 | 整体