ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

腰の痛み方

腰の痛み方にもいろいろあります。前かがみになると痛んだり、後ろに反ると痛かったり、身体をひねると痛かったり、固まって動かなくなるなど

また実際に感じる痛みにも、ズキっと痛む、チクっと痛む、ドーンと重く痛い、ピキっと痛む・・・などなど

整体の予約をするときは、こんな感じで腰が痛むというのを、施術者に伝えられるとスムーズな施術をする手助けとなります。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-03-26 15:44 | 健康情報

疲れると痛む腰には・・・

腰痛持ちの多くの人は疲れると腰が痛み出すといいます。
仕事や部活などの疲労が溜まってくる週末になると痛みが強くなったり、いつもとは違う作業や動きをしたことで疲れることで腰に違和感を感じたりします。

そういう人は、腰痛を引き起こす原因になっているものは常に持っているのですが疲れが溜まってくることで、腰痛が顔を出すのです。違った言い方をすると疲れを貯めなければ腰の痛みは出ないということになります。

腰痛を出なくするには、根本原因を取り除くことが一番なのですが疲れると腰が痛くなるというような法則を感じているのなら、まずはその法則にのらないようにすることで痛みをさけることはできるのではないでしょうか。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-03-21 14:25 | 健康情報

ほどほどに

病院で筋力アップのために腹筋をするように、背筋を鍛えるようになどと指示されることがあります。まじめな人ほど一生懸命トレーニングして余計に腰痛を悪化させてしまうこともあります。
トレーニングのときの注意事項として痛みを感じないような動作をするということがあります。

たとえば、ヒザの手術をしたとします。リハビリはまずはベットから立つことから始め、体重を乗せる、歩くというように階段を昇っていくように順を追っておこなっていきます。リハビリの段階を上げるには、前の動作で痛みが無くできるようになることが前提で、もし段階を上げて痛むようであれば、もう一度前の種目に戻してトレーニングを積んでいきます。

このように、腰痛体操などのトレーニングの場合も痛みを感じないところ、感じない種目でおこなうことが大切です。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-03-07 17:50 | 健康情報

腰痛の原因は筋力不足?

腰痛で病院に行くと、「筋力の不足で痛みが出ているから腹筋と背筋を鍛えるように」と指示を受けることが多くありますが、「筋力の不足ではなく筋力のバランスが悪いために痛みが出ている」が本当だと思います。

筋力が不足・・・だとすると、あなたよりも筋力が低い、赤ちゃんや小学生はみな腰痛をもっていることになってしまいます。ですから実際には○○の筋肉の筋力と比較すると××の筋肉の筋力は本来は均等につりあうはずなのに、○○の方が弱い。となります。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-03-05 14:49 | 健康情報

腰が痛くなる動作

腰の動きは動作の要です。そのため筋肉、骨格に問題のある場合は動作に伴って痛みが出ます。たとえば、前屈をすると腰の特定の部分に痛みが出る。後ろに反ったり、腰をひねると痛みが出るなどです。

実際、整体でのコンディショニングをおこなう前にはこれらの動きを確認することで、痛みの原因となる部分を見つけ出すということがおこなえます。

そのほかに、ずっと立っていると痛みが出てくる。長く歩くと痛みが出るなどの場合には、立つ、歩くなどの動作に関連のある筋肉や関節などに問題があることが予想されます。

同様に、朝起きたときに痛む腰痛なども、寝ているときに使われる筋肉、関節に問題があることが考えられます。

それぞれの動作のときに使われる筋肉、関節には2種類あります。
① 本来その動作で使われる筋肉、関節が過度に使われる場合
② 本来その動作では使われることが無い筋肉や関節が使われてしまう場合
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-03-03 15:28 | 健康情報

痛みの原因は違うこともある。

整形外科に行き、「腰が痛いんです。」というと、まずレントゲンやMRIで検査をすることが多いです。その結果、骨や関節が正常とは違うように写ることがあります。すると誰しも「腰痛の原因はこれだったのか」思います。しかしその異常があなたの腰痛の原因だとは限りません。

レントゲンやMRIで見つかった骨や関節の”見た目の異常”は必ずしも、あなたの症状に直結はしていないのです。

整形外科で「あなたの腰痛は椎間板の変形が原因です」と診断された方も多いと思います。でも腰痛は痛い日、痛くない日、痛いとき、痛くないときがありますし、街を歩いている人を呼んできてレントゲンやMRIを撮らしてもらうと、多くの人に椎間板の異常が見られるそうです。

もちろん見た目の異常が痛みに結びついているけーすもありますが、無関係の場合も少なくありません。
[PR]
by tadasuseitaijp | 2008-03-02 14:46 | 健康情報