ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

絶対インターハイに行こう!

北稜高校ボート部の目の前の目標は、インターハイに出場すること。
そのためには、6月20日におこなわれるインターハイ予選で勝利する必要があります。

ボートにたずさわったことがある方ならば、山梨のボート部というと富士河口湖高校というイメージがあると思います。北稜高校は県内予選で敗れてしまっていて全国大会への出場はまだありません。

あと2ヶ月で何ができるのか?
筋力トレーニングをしても効果が出るまでには3ヶ月は必要だし・・・

疲れが溜まればパフォーマンスは落ちる。だったら疲れがない状態を作ればいい。
そうしてたどり着いた答えが「疲労を抜くこと」です。

まずは、選手たちの疲労に対する思い込みを覆すことから始めよう・・・

目指せインターハイ、北稜高校ボート部の2ヶ月の軌跡
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2009-04-24 14:47 | ボート

富士北陵高校ボート部

4月13日から日大ボート部に続き、富士北陵高校ボート部のトレーナー活動をすることになりました。

顧問の大石先生によると練習後体のケアがされていない。また、自分の体に無頓着の選手が多いとのこと。

目下の目標はインターハイの出場権を獲得すること。
山梨県のインターハイ予選は6月20日です。残り役2ヶ月ですが全力を尽くします。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2009-04-10 17:05 | ボート

頑張れU選手

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

大林コーチよりメールで日大ボート部のU選手の漕ぎの様子を報告いただきました。
今朝の乗艇の様子は、しなやかな動きでgoodでしたとのことでした。

U選手は腰痛で思うようにメニューをこなせない状況ですが、僕が戸田に行くたびに2週間ごとに3回目の整体をおこなったところ、何とかここまで改善できてきたようです。

長年の腰痛がここにきて急に回復してきたのは、U選手本人のセルフケアが効果的におこなわれていること。
それと、乗艇練習で技術的な課題をきっちりマスターしようとしている努力が実ったのだと思います。

U選手を見ていると、大学時代に腰を痛めていた自分と重なる部分があり、なんとかしてあげたいという気持ちになります。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2009-03-19 16:06 | ボート

日大ボート部 5人に1人は不調者

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
現在、僕は月に2回埼玉県戸田市にある日大ボート部にトレーナーとして行っています。
コンディショニングできる人数は1回につき4人ほどですが、それ以外にもセルフケア方法などを指導しています。

正式に日大のトレーナーとなって7ヶ月ほどたちますが、毎回4人の枠は埋まってしまっています。(受けたい選手はもっと多いのでしょうが、枠の関係でガマンしてくれているようです)それだけ故障や疲労などで体の不調を感じている選手がいるのだと実感しています。

部員は4年生が引退し20人ほどなので、常に5人に1人(25%)の選手は不調を持っていることになります。潜在的には3人から4人に1人はなんらかの不調を持っているのではないかと予想します。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2009-03-17 16:20 | ボート

ホームページ改造計画

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
最近は天気が悪く、すっきりと晴れてくれることが無いですね。
太陽が待ち遠しいです。

先月から整体院のホームページの改造をおこなっています。

今おこなっているのは、まずはサイト全体が見やすい構成にすることと、
個々のページももっと見やすく、読みやすいものにしようと考えています。

また、記事も充実させていきます。
書きたいこと、伝えたいことを紙に書き出したのですがすごい量になって
しまいました。

多分、全部を記事にするには1年以上はかかってしまうかもしれません。
ここ2年間ほど、ホームページの作りこみをさぼっていましたが、気持ちを
入れ替えます。継続は力なり、張ります。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2009-03-06 11:48 | 日々のこと

勉強会

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

現在僕は月に2回日本大学ボート部のトレーナー活動をしています。
学生時代の僕がそうであったように、選手たちは自分の体に対してとても無頓着でした。

そのため、活動の中で、整体の技術を使って体調を整えるのはもちろんですが、選手たちの体への意識を高めてほしいということがあり、毎回1時間程度の勉強会をおこなっています。

頭でっかちな知識を入れることよりも、実践できるエクササイズを盛り込んで1時間のうちで、体に変化がおこることを実感してもらうようにしています。逆にそういう風なやり方をしていかないと、選手たちの集中力が持たない(おもしろくないことには興味を示さない)ようです。

勉強会を重ねていくと、選手たちの意識がじょじょにですが変わっていっていることを感じています。

次回はコアトレーニングを教えたいと思い、資料の準備をしています。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2009-02-26 11:43 | ボート

足先がポカポカするウォーキング教室

こんにちは、牛田です。今日はウォーキング教室の告知です。

この時期、冷えに悩んでいる人多いですね。足が冷たくて寝付けないような重症の人もいます。みなさんは冷えに対してどのような対策ととっていますか?

わたしの整体院に来る患者さんにうかがうと、一番多いのはお風呂に入って温まること。そしてとにかく冷えないうちに布団に潜り込む。そうそう靴下それも絹の5本指靴下を履いて眠るなんて人もいます。

ただこの方法だとお風呂に入る時間は眠る前に限られてしまいますね。見たいテレビの前の空いている時間に入るっていうわけにはいきません。冷え性は時間との戦いなのですね。

こんな冷えに悩んでいる人たちのためのウォーキング教室を開催します。足先がポカポカする歩き方をマスターしていただきます。

「えー、歩くだけで足が温かくなるわけがないよー」っていう方、あなたは正しい歩き方をしていないから、いくら歩いても温かくなってこないのです。

ただしく歩けば足先でじわっと血液が流れているような温かさを感じることができます。こたつやお風呂のように外から入れる温かさとは違う、自分の体の中から作られる心地良い自然な温かさです。

この寒い時期だからこそ実感できる「足先がポカポカ温まる歩き方」をマスターしてください。週1回、全部で5回の教室が終了する頃には、季節はぽかぽかな春です。

さあ、暖房の効いた体育館で寒さを気にせずにレッツ、ウォーキング!!

日 時 : 2009年2月13日(木)から毎週木曜、夜8時~9時半 全5回
費 用 : 1回1300円 5回分まとめて支払いの場合は5000円(1500円オフになります)
場 所 : 富士河口湖町勝山地区 丸富荘 丸富音楽ホール
        丸富ガソリンスタンドのある交差点(小海交差点)を河口湖に向かって100mの
        右側 (モーニング娘が合宿で使用したホールです)
人 数 : 20名(先着順、定員になりしだい締め切ります)
申し込み : ただす整体院 0555-23-5782 院長牛田まで
         
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2009-01-28 11:33 | ウォーキング

来年の営業は1/5より

今年もあと6日となりました。わたしの整体院の営業も27日で仕事収めとなります。
今年も過ぎてみればあっという間でした。

以前から私はスポーツをする人たちを応援したいという気持ちがあり、今年は母校 日大のボート部のトレーナーとして活動するということを始めることができました。

エイト種目でインカレ連覇中の選手たちは、来シーズンももちろん日本一を目指して毎日トレーニングに励んでいます。しかし思っていた以上に体のことに無頓着で、慢性的に疲労を抱えている状態です。練習しているんだから疲れていて当たり前という考えがあるのでしょう。

それでも整体を受け体が軽くなってみることでやっと、今までの体の状態について気づいてくれるようになりました。それにより以前はまったくやっていなかったセルフケアもやっていくようになってくれました。選手たちの意識がかわってきた証拠です。

来年のインカレまであと8ヶ月です。頑張ります。

来年の整体院の営業は1/5からとなります。今年もありがとうございました。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-12-26 09:56 | 日々のこと

内臓の疲れを取るには・・・

今年も残すところ2週間を切りました。クリスマスにお正月もうすぐです。

ところで、体に疲労を感じているときは内臓も疲れています。逆に内臓が疲れているときは体も疲れています。忘年会続きで、たらふく飲んで、腹一杯食べてが続いている人もいることでしょう。内臓も酷使されれば疲れます。そうすれば体調も悪くなりますね。

内臓も体の表面にある骨格筋も関連しあっています。胃が疲れてくると背中のちょうど胃の裏側あたりが張ってきたり、肩こりが辛くなってくると胃がムカムカして吐き気がしてきます。

内臓の疲れから疲労感を感じたり、体調が悪い場合などは内臓を休めることも必要ですが、筋肉の疲労をとっていくと、内臓の疲れも取れやすくなってきます。

内臓も骨格筋も体の一部です。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-12-19 09:52 | 健康情報

車と身体、どちらが大事?

みなさんは車の運転をしますか?ただす整体院のある富士吉田市では自動車は生活に不可欠なものの一つです。

ところで、運転中に車のエンジンから変な音がしてきたり、煙が噴出してきたらどうしますか?ほとんどの人は、できるだけ早く修理工場に持っていって見てもらうと思います。特に近々遠乗りをしなければならないときなどは、なおさら点検をしてもらおうと思うようになるのではないでしょうか?走っている最中に車が止まってしまってはこまりますから。

では、自分自身の身体についてはどうでしょうか?肩を回すと痛みがあったり身体がダルくてしかたない。こんな場合、車のときとは違ってその症状を見てみぬふりをしてしまいます。肩が痛くても、痛い動作をしないようにしたり少々の痛みだったら、そのうちに治るだろうと。

これってとても不思議なことだと思います。車よりも身体のほうが大切なはずなのですが、なぜなのでしょう??
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-11-17 16:03 | 健康情報

ダイエットとセルフケアの共通点

僕の整体院では、整体で体を整えるほかに、症状を自分で治せるようになってもらえるよにセルフケアの指導をおこなっています。

家に帰ってからセルフケアをおこなってもらうことは、整体の効果を持続させる効果もあります。結果的に整体に通う回数を減らすこともできます。しかし・・・

患者さんは中々やらないのです。セルフケアをする時間を作れないというのです。テレビを見る時間はあっても、セルフケアのための5分ほどの時間はないのです。そういう患者さんには「セルフケしないと、改善していきませんよ。いつまでも整体に通ってもらえれば僕が助かるからいいんですねどね・・・」と少しいやみをこめて言います。

多くの患者さんは、体の痛みの強いときには頑張ってやってくれますが、そのうちやらなくなっていきます。でもセルフケアで体が改善していく楽しみを知ってしまうと、それをやるのが楽しみになってきます。

このあたりの感覚ってダイエットに似ていると思います。ダイエットも体が変わっていく楽しさを体験するしていくと、最初は苦痛だったことが楽しくなってくるといいます。

ダイエットもセルフケアも体に対する考え方が高くなってくると”やらされている”から”やりたくなる”に変化していきます。そうなったらしめたもの、どんどん健康になっていきます。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-11-11 12:00 | 健康情報

僕の整体院のコンセプト3

僕の整体院のコンセプトは、「夢」と「やる気」と「笑顔」を応援する整体院です。普通の整体院には無いコンセプトです。

人はうれしいことがあると笑顔になります。悲しいときは笑顔はでてきません。
僕が腰痛患者だったときを思い返してみると、笑顔が少なかったように思います。毎日ボートの練習が終わると腰が痛かったし、長く歩いても痛かった。手を腰にあてるのがくせになっていました。楽しいことがあっても、頭のどこかには腰痛のことが常にありました。

人はストレスが溜まっていると笑顔がでてきません。僕の整体院に来る患者さんでストレスを多く感じている人は、顔に表情がありません。能面のような顔をしています。おそらく笑顔を作っているつもりでも、実際に鏡を見てみると口角が上がった、目が垂れ下がったというような、笑顔にはなっていないと思います。普段笑っていないと、顔の筋肉も動き方を忘れてしまい笑えなくなってしまいます。

体調の不安や、普段感じているストレスが少なくなるだけで、笑うことが身近になります。実は笑顔は伝染します。ちょうどあくびが人にうつるように、笑顔も周りの人にうつります。あなたが笑顔になれば、回りの人も笑顔になっていきます。

整体でそんなことができたらいいなと思っています。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-11-10 14:47

僕の整体院のコンセプト2

僕の整体院のコンセプトは、「夢」と「やる気」と「笑顔」を応援する整体院です。普通の整体院には無いコンセプトです。

”明日はこれをやろう”と思っていても、いざ朝起きると行動できない。ということがあります。
ずーと気になっていることに、どうしても手を出せない。こんなことってありませんか?

「やる気」や「やりたいと思う気持ち」はあるのに行動できない。これには色々な理由があると思いますが、整体師としての立場から見ると、身体が疲れてしまっていて行動できない。ということもあります。

ある患者さんの話です。
小学生のお子さんをお持ちのお母さん。身体がだるくてだるくてしかたがない。肩も凝っているし腰痛もある。こんな症状を訴えて僕の整体院にこられました。

2回ほど全身の調整をおこなったところ体の痛みやダルさがとれて、子供と一緒にホットケーキを作ることができたそうです。今までは子供と一緒に何かをしたいと思ってはいても行動に移すことができず、「こんなお母さんでごめんね」という自己嫌悪の気持ちでいっぱいだったそうです。

身体に痛みや疲れがあると、「さーやるぞ!!」という気持ちが湧いてこなくなってしまいます。

そのため、僕の整体院では体調がよくすることで、”あなたのやる気”を応援しようと思っています。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-11-07 11:07 | 整体

ショックを受けた整形外科医の言葉2

前回のブログに登場した、あきれた整形外科医の言葉パート2です。

牛田「ゆくゆくは大学病院を退社して、病院を開業するんですか?」
医師「開業してしまうと、自分の楽しみである手術ができなくなってしまうから独立はしません」

患者は、できることなら手術はしたくないと思っているものですが、診察を受けた医師が手術好きであれば、手術をしなくても何とかなる症状でも、手術する方向に話をもっていくなんてことも考えられないことはないと思いました。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-11-04 09:30 | 健康情報

ショックを受けた整形外科医の言葉1

何年か前に大学病院の整形外科医と話をする機会がありました。その先生の年齢は30歳くらい。

牛田「関節の痛み止めの注射には種類によっては、腱が弱くなってしまうから打てる回数が決まっているものもあると本で読んだのですが・・・・」

先生「あまり気にせずに、注射していますよ。注射が原因で腱が切れたという症例は聞いたことがありませんから・・・・」

先生本人や家族が身体を痛めたときにも、何度も注射をするのだろうか?
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-10-28 16:13 | 日々のこと

僕の整体院のコンセプト1

僕の整体院のコンセプトは、「夢」と「やる気」と「笑顔」を応援する整体院です。普通の整体院には無いコンセプトです。

皆さんには夢というものがありますか?夢を実現するためには、動ける健康な身体が必要です。体調がすぐれなければ、夢を持つことすら思いつかないかもしれません。

夢なんていう大げさなものでなくても、目標とかこれをやってみたいというようなものでもいいと思います。

仕事をバリバリこなしたい。子供をだっこしてあげたい。スポーツをうまくなりたい。・・・などなど。

僕の整体院では、夢を持てる身体、夢を実現できる身体を作れるように応援します。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-10-27 12:00 | 整体

BGMはボサノバ

僕の整体院では、常に音楽をかけています。それもボサノバばかりをかけています。
以前は、サントラをかけてみたり、バラードをかけたり、クラッシックをかけたりと色々ためしてみたのですがどうもしくりきませんでした、

そしてたどり付いたのがボサノバ。自分が聞いていて心地よいし、患者さんからも結構好評です。整体で直接癒されるプラス耳からも癒されると言っていただいています。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-10-25 09:46 | 整体

肩が回るようになると早く泳げる

水泳では肩を大きく動かせることは大変重要です。なぜなら肩の動きが悪いと腕でのかきが弱くなってしまったり、かく距離が短くなってしまうからです。また、クロールやバタフライなどでは水をかき終わって次に水中に手を入れるまでは、腕は空中を移動します。

肩の回りが悪い人は、このとき肩の部分が水中に残ってしまい、水がかかってしまうことで大きな抵抗となってしまうこともあります。

肩を大きく回せるようになると、腕も大きく動かすことができるようになり、結果的に早く泳げるようになります。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-10-24 11:28 | スポーツ上達の秘訣

姿勢がいいと早く泳げる

何ヶ月ぶりかでプールで泳いできました。自分で自分に整体をおこなうことができないので、体調管理のために泳ぐようにしていたのですが、本当に久しぶりでした。

ここ数ヶ月、自分の姿勢を改善するように心がけていました。今日泳いでみたことで、姿勢が改善したことを実感することができました。

というのも、水泳では水の抵抗の少ない姿勢を作ることが重要で、それによりスピードは違うし、疲れ方も全く違います。

プールに入ってバタ足をしてみました。違う・・・。以前とはスピードがまるで違います。次に蹴伸び、違う・・・。蹴伸びプラスドルフィンキック、違う・・・。そしてクロール どれをやってもスピードが違うし、楽に前に進んでいる感じがします。

以前は少し前かがみの姿勢だったのが、まっすくになったことで太もも前面への水の抵抗が減ったのでしょう。試してはみなかったのですが、25メートルの潜水をすればもっと違いをかんじられたのだと思います。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-10-20 15:38 | スポーツ上達の秘訣

筋ポンプを感じた

全身に血液を循環させるために、心臓を補助するのが筋肉のポンプ作用です。筋肉の緊張と弛緩を繰り返すことで筋肉がポンプの役目をしてくれます。イメージでいうとドクター中松が開発したという醤油チョロチョロ、石油を移すときに使うシュポシュポやる手動のポンプ。

赤いポンプの部分を握ると石油が飛び出し、話すとタンクから吸い上げる。英語でいうとミルキングアクションと言うそうです。牛の乳しぼりのことです。

前置きが長くなりましたが、今日久しぶりに献血に行ってきました。腕に針を刺すと手のひらにスポンジのようなものを渡されます。このスポンジを握ったり緩めたりを繰り返すことで、筋ポンプを働かせて、血液の出を良くするのです。

僕も周りの皆さんと同じように、握る緩めると繰り返えしました。すると血液の流れていく透明な管の中を、握ったときは血液が勢いよく流れます。それほどギュッと握り締めているわけでもないのにです。

筋肉のポンプ作用を、実際に目で見て体で感じた貴重な体験でした。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-10-16 16:20 | 日々のこと

脱力が必要な理由2

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
脱力できていない、つまり無駄な力が入っていると、細かい動作がうまくできなくなります。ボート競技のオールを水に入れるエントリー動作などは、肩や腕に無駄な力が入っているとオールをスムーズに入水することがでいなくなります。

ためしに、針の穴に糸を通す動作をしてみましょう。一度目は肩や腕を脱力して普通に、そして二度目は肩と腕に力をこめ緊張させて。針と糸を持たずに、糸を入れる形だけマネしてみても、やりやすさには雲泥の差が出ると思います。

部妙な動きを必要とするスポーツでは、脱力することがパフォーマンスを高める上で、重要になります。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-08-02 15:43 | ボート

脱力が必要な理由

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

なぜスポーツに脱力が必要なのか

動作をおこなうとき、筋肉が縮むことで骨を動かすことで動きが出てきます。このとき目的の動きをするために縮む筋肉を主動筋、反対の動きをする筋肉を拮抗筋と言います。

例えば、腕立て伏せで体を持ち上げるときに働く腕の筋肉が二の腕にある上腕三頭筋、この筋肉は肘を伸ばす役目をします。それに対し反対の動きである肘を曲げる役目をする筋肉が力こぶの筋肉、上腕二頭筋です。この場合上腕三頭筋が主動筋、上腕二頭筋が拮抗筋となります。

懸垂をするときは、腕立て伏せのときとは逆に、上腕二頭筋が主動筋、上腕三頭筋が拮抗筋になります。

筋肉は緊張することで縮みます。主動筋が緊張するときは、拮抗筋は弛緩しないと動くことができません。上腕二頭筋は肘を曲げる筋、もう一方の上腕三頭筋は肘を伸ばす筋です。両方の筋肉が同じ力で緊張すれば、伸びることも曲がることもできず。関節は固まったままになってしまいます。

スポーツをするときも、主動筋、拮抗筋ともに緊張していると、ブレーキを掛けながら自転車を漕いでいるように、スムーズな動きができません。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-29 15:10 | トレーニング

脱力は難しい3

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
スポーツでは、使わない部分の筋肉を脱力しリラックスさせることが重要です。そのため脱力するための練習をおこないます。

野球であれば、素振りのときバットを放り投げるというドリルをおこないます。無駄な力が入っているとバットを遠くに投げることができません。

わたしの専門であるボートでは、オールを入水するとき肩腕をリラックスさせ、オールの重さでエントリーできるように、ノイジーキャッチということをおこないます。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-28 11:12 | トレーニング

脱力は難しい2

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
スポーツで最も基本となるのは、脱力すること。必要な筋肉にはガチッと力を入れるのですが、それ以外の部分は、完全に脱力してリラックスすることです。

不要な部分に力が入っていると、それだけで全体の動きが硬くなってしまいます。たとえばジョギングのときの腕振り、卵を包むように軽く手を握ってリズミカルに腕を振りますが、こぶしを握り締めると、肩にまで緊張が伝わりスムーズな振りができなくなります。そのため走り全体でもスムーズさを欠いてしまいます。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-27 09:37 | トレーニング

脱力は難しい

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
スポーツを上達していく上で一番大切なのは「脱力」することです。しかし、力を抜くということは、最も難しいことです。

脱力するときは、必要な筋肉にはガッチリ力を入れるのですが、関係ない部分にはまったく力が入っていない状態を作ることが必要です。脱力できていれば、筋肉は柔らかいはずなのです。

自分では脱力したつもりでも、力が入っている。脱力は難しい。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-24 09:25 | スポーツ上達の秘訣

やる気があれば強くなる

こんにちは、ただす整体院 牛田です。

スポーツのパフォーマンスをアップさせていくうえで、もっとも大切なのは「選手自身のやる気」だと思います。”やらされている”のでは絶対に上達しません。コーチや親にやらされているのでは、限界まで追い込むことはないでしょう。

「限界になってからもう一回頑張るのがプロ」、ジャイアント馬場が言った言葉です。レクレーションでおこなっているのだったら苦しくなったら、終わりにすればいい、でも人に勝ちたいと思うなら、苦しくなったところから、もう一回、そしてさらにもう一回と頑張らなければいけません。

そのためにも、やらされるのではなく、自分がやるという気持ちが持てることが大切だと思います。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-23 11:49 | ボート

夏に慣れる

関東地方も梅雨が明け、暑い日が続いています。こんにちは、ただす整体院 牛田です。

戸田のボート選手たちは暑さでまいってしまっていませんか?良い練習をするには、水分補給など暑さ対策も必要ですが、身体を暑さに慣らせることも必要です。

実は身体は季節によってモデルチェンジしています。暑さ寒さに適応するように身体を慣らしているのです。例えば、気温20度。冬であれば暖かく感じ、夏であれば涼しく感じます。同じ20度でも季節によって感じ方が違います。

季節に対応するには、3日ほどは必要になると言われています。3日ほど暑さを体験すれば身体も対応できるようになってきます。

これから暑い地方で練習、合宿する場合は、事前に身体を暑さに慣らすことなどすると、暑さでバテテ練習にならないということは少なくなってきます。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-22 11:01 | ボート

戸田の夏休み

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
テストが終わると大学生は夏休みです。一般の学生たちは大いに羽を伸ばすのでしょうが、戸田のボート選手たちは、8月末におこなわれる大学選手権に向けてのトレーニングの追い込みの時期になります。学校が無いからボート漬けの毎日です。

学校があるときの練習は早朝と夕方の2ラウンドだったのが、場合によっては早朝、午前、夕方の3ラウンドになることもあります。

また、学校が無いので街に出られるのは、日曜の夜から月曜にかけてのフライのときだけになります。ジーンズを履くのもそのときだけです。選手たちはストレスが溜まります。だから余計にフライでは無理しても遊びにいきます。そしてクタクタになってまた火曜日の朝から練習が始まります。

夏休みのときの一週間はとても長く感じます。木曜日あたりになると身体はぼろぼろに疲れていて、朝起床するのが辛くなってきます。今日の夕方、明日の朝、明日の夕方・・・・フライまでの練習回数を指折り数えるようになります。

これでは、やる気のある前向きな練習を期待できるはずがありません。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-21 12:39 | ボート

戸田での生活

こんにちは、ただす整体院 牛田です。
埼玉県の戸田はボート競技のメッカで、多くの大学ボート部の合宿所があります。わたしの大学時代はそこで過ごしました。

現在月に2回ですが、ボート選手のコンディショニングのために戸田に出張しています。選手たちをみて感じることは、疲労が抜けていないということです。

戸田ではほとんどの大学が日曜の夜から月曜日丸一日をフライと呼び、練習を休みとしています。逆にいうとそれ以外の日は午前、午後と2回、毎日練習があります。

選手たちは日曜の練習が終わると、解き放たれたように遊びに行きます。ある選手はグデングデンに酔っ払って月曜日は合宿所でダラダラ過ごす。別の選手は夜遅くまでゲームやインターネット、またある選手は月曜は朝から満員電車に揺られて学校へ、

練習は休みであっても、毎日の習慣で5時には目が覚めてしまう。寝ようと思えば思うほど眠れない。フライの方が身体は疲れているという、身体はまったく休まっていないという生活を繰り返しています。

でもそれもしょうがないと思います。一週間のうっぷんを晴らすのはフライの日しかないのですから。特に一年生は合宿所に残っていると先輩たちに気を使わなければならないので、身体はクタクタでも無理して外出します。少なくとも私のころはそうでした。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-16 11:19 | ボート

汗の役目

ただす整体院 牛田です。今日も梅雨の晴れ間で暑くなりそうです。昨日、この夏初めてエアコンを使いました。

暑くなると食欲が落ちたり、スポーツではパフォーマンスが落ちたりしてしまいます。そうならないためには、体温の調節をおこなうことが重要になります。

人は体温を調節するために汗をかきます。皮膚表面の水分を蒸発させることで体温を下げます。しかし、この汗、普段かいていないと暑くなってもかくことができないのです。そう、汗腺もトレーニングが必要なのです。
[PR]
# by tadasuseitaijp | 2008-07-13 09:44 | 健康情報