ブログトップ

動ける身体をつくる 整体師の健康日記

tadasuseit.exblog.jp

スピードトレーニング

今朝の朝練では、コーチングをはじめてから最も艇が軽くスムーズに進む感じがでました。
関東ブロックでこの感じが出ていれば、間違いなく国体の本戦出場できていたと思う。
今はスピードアップすることを重点に練習をおこなっていますが、こんなりくつもあります。

艇のスピードをアップさせるには、体の動きを素早くして1本1本を早くこがなければならない。そのためには、脳から筋肉へ「体を俊敏に動かせ!」という指令が出される必要がある。
しかし、普段早く漕いだ経験がなければ、この回路の接続がうまくできない。早いピッチで漕ぐと漕ぎが乱れるからといって低いスピードでいくら漕いだとしてもそれはレースでは使えない技術であるし、漕ぐスピードはいつまでたってもアップしません。

スピードを上げるには、可能jな限り早く漕ぐという練習をしてスピード感覚を養うことが大切です。つまり体を早く動かすことを繰り返し練習して、脳の神経を鍛える必要があります。

このことは、ボートばかりではなく他のスポーツにも言えます。特にマラソンでスピードをつけたい場合早く走る用の練習メニューが必要になります。


明日が東医大前の河口湖での練習は最後となります。良い感じを出しレースにつなげてあげたいと思います。
朝練後は同じく河口湖の艇庫で「交流レガッタ」が開催され、僕もスペシャルの部で400メートルレースに参加することになりました。頑張ります!!

トレーニング時間 0分
体重 84.6キロ
体脂肪率 27%
[PR]
by tadasuseitaijp | 2005-07-29 11:19 | ボート
<< 久々のレース 5本指ソックス2 >>